「出産内祝い」について
「出産内祝い」とは、本来「赤ちゃん誕生の喜びを一緒に祝ってください」という気持ちを込めて、「内(家)」で親族や親しい方を招いてお披露目をしたり、ご近所や親しい方にお赤飯や紅白のお餅などを配る習慣でした。

最近では、お祝いをいただいた方へお返しの意味合いも強くなっていますが、やはり「これからどうぞ宜しく」、「お祝いをしてくださってありがとう」という感謝の気持ちを込めて贈ることが大切なマナーといえますね。

何を贈る?
一般的によく選ばれるのは、いくつあっても困らない日常よく使うタオル類、洗剤などの消耗品、日持ちのするお菓子や食品など、最近では先様に選んでもらえるカタログギフトも多くなりましたが、「相手の方に喜んでいただきたい」との思いが一番大切なこと。
親しい間柄であれば、日ごろから好きなものを調べておいて贈ることも、相手を思う気持ちがより一層伝わるのではないでしょうか。

相手の気持ちにあまり負担にならないように気を付けることもマナーです。ご近所や友人であれば、タオルなどの一般的な品物でも十分に気持ちは伝わります。

贈る時期は?
出産後1か月ごろ、だいたいお宮参りの頃までに手配するのがよいでしょう。退院が遅くなったり様々な事情がある場合もありますが、遅くとも出産後2か月後くらいまでに贈るのがマナーです。
過ぎてからお祝いをいただいた場合にも、あまり遅くならないようにお返しをしましょう。

のし紙はどんなものを使う?
水引は蝶結びです。端を持って引っぱるとほどけることから、何度あっても良いことに用いられる結び方です。
表書きは「内祝」とし、水引の下に書く名前はお披露目の意味を込めて赤ちゃんの名前をいれるのが一般的です。
結び切りののしは、結婚・快気祝いなどに使われます。

外のしと内のし?どちらでしょうか?
外のしは包装紙の上からのしをかけることで、内のしは品物の上に直接のしをかけて包装紙で包むことです。のしは古来、贈り物に添えるかたちで風呂敷に包んで届けていました。現在の包装紙が風呂敷の役割をしているとすれば、内のしが正解になります。地域によって異なるので厳密なルールはありませんが、出産内祝いでは、控えめな内のしのほうが好まれます。

誰に贈る?
出産祝いをいただいた方へ贈るのはもちろんですが、「身近な人と喜びを分かち合う」内祝いの本来の意味から、祖父母、親、兄弟、親戚、友人などに贈ってもよいでしょう。
「これから子供がお世話になります」との意味を込めてご近所に負担にならないものをお贈りするのもよいでしょう。

出産内祝いの相場は?
出産祝いのお返しとして内祝いを贈る場合、いただいた額や品物の3分の1〜半額が目安です。目上の方や年配の方などは、比較的高価なものや高額なお祝いをくださることもあり、その場合、無理に相場にこだわるよりも、いただいたものを大切に使うなどし自分たちにできる予算の範囲で感謝の気持ちを表すとよいでしょう。

いただいた金額がわからない場合や、比較的安価なものをいただいた場合は、相手もお返しを期待してお祝いをくださったわけではないので、タオルや消耗品やお菓子などの気軽なものでお返しするとよいでしょう。あくまでも感謝の気持ちを第一に思うことが大切ですね。